長年虫歯を放置し続けた方へ治療方法や費用について

長年放置した虫歯!治療方法や費用相場を解説

虫歯の多くは糖類の摂り過ぎによるもの

多数の虫歯を放置してきた症例の中には、虫歯の進みが早くて大きいという事から、安易に歯の神経を取られてしまうという傾向があります。 歯を長期に渡り維持するには、歯の神経があるということがとても重要です。 神経のない歯については、血液循環が悪くなり、歯自体が死んだ歯になってしまいます。

治療計画を立てリズムよく治療を行う

一度虫歯の治療が始まったら、終了までリズムよく治療を進めましょう。 このリズムが、治療の成功のカギを握る重要ポイントなのです。 一度止めてしまうと、そこからまた治療を開始するのが大変になってしまいます。 治療計画を立てた上で、治療順序のもとにリズムよく治療を進めていく事が必要なのです。

治療後のメンテナンスは必要不可欠

治療終了後、これでもう歯医者さんに来なくてすむ。良かった。ではなく、治療が終わってからのメンテナンスが重要です。 長く使用する物には、毎日のお手入れと定期的にメンテナンスが大切なのです。 ある患者さんは、全顎的な治療を行い、半年に一度のメンテナンスと1年に一度の定期検診を行い、18年維持しています。

虫歯治療の際は歯の神経は残すように

子供の頃から虫歯が多く、歯科医院に10年以上も通い治療を続けて来たにも関らず、虫歯がでるたび、神経をとらなくてはいけなくなり、やがては技歯となり歯を失ってしまった。
なぜ、このような結果となってしまったのでしょう。
虫歯は、虫歯菌が同化作用により、歯を脱灰して起こります。
甘いものを食べる人の間食が多く、それをコントロール出来ないまま、治療を続けてきた結果、虫歯で歯を失ってしまったのです。
虫歯を削り埋めたり、かぶせたりすることも大事な治療ですが、虫歯の原因となることを除去することが重要です。
治療していく際に、最初にすべきことについては、虫歯の原因となる糖類の摂取を改善することなのです。
虫歯が多い方の共通点としては、糖類の摂取回数が多いということです。
だらだらとチョコレート・お菓子・飴などの甘い食べ物やコーラ・缶コーヒーなどの甘い飲み物を摂取している方が多いです。
虫歯を減らすには、まずこれらの摂取回数を少なくすることから始めましょう。
長期に渡り虫歯を放置してしまうと、どうしても技歯にする必要がある歯が多くなってしまうかもしれません。
技歯後については、欠損補綴部分に入れ歯・ブリッジ・インプラント・歯に移植などの治療の選択肢があります。
この選択については、患者様の要望だけではなく、他の歯の状態や欠損状態、噛み合わせ状態などにも関わってくるため簡単ではないので、担当歯科医に相談の上、各治療の利点や欠点などを、よく理解して決めることが大切でしょう。

おすすめリンク

関市でおすすめの眼科クリニック

関市で眼科をお探しの方に。専門医が常駐し、安心して通院できるクリニックをご紹介。

座間市で大人気?インプラントを受けるならココ

自費治療なのに大人気?座間市にあるインプラント歯科はとにかくリーズナブルなのです!

稲城で人気を得ている歯科医院

稲城では定評があり任意を集めている歯科医院があります。その魅力とポイントについてご紹介します。

TOPへ