この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

虫歯の多くは糖類の摂り過ぎによるもの

歯のミネラル分が奪われると虫歯は出来る

虫歯を長年放置していた結果、根元部分や歯の神経まで虫歯菌に感染されてしまい、技歯にするのが一般的ですが、歯を抜いてしまうと噛み合わせが良くなかったり、見た目が悪かったりするので、出来る限り抜かずに残した方が良いでしょう。
虫歯は、どのようにして起こるのかご存知ですか。
歯の表面や歯と歯茎の境目に付着する歯垢により、虫歯菌が繁殖して食べ物のカスを分解し酸を出して、歯のミネラル分を奪っていき、歯に少しずつ穴をあけてしまう病気なのです。
歯のミネラル分を酸により、奪われることを脱灰と呼びます。
歯の表面には、硬い組織と言われるエナメル質があり、その内部には、柔らかくて酸に弱い象牙質があると言われています。
エナメル質が壊れ、脱灰が進んでいくと穴が開き、虫歯菌がどんどん繁殖して進行していくのが虫歯なのです。

虫歯を放置しておくことで様々な病気に

虫歯を放置しておくと、最初は歯が痛いかなという程度ですが、進行が進んだ際には、耐え難い痛みの襲われます。
さらには、虫歯菌により歯の神経が刺激されることで、冷たいもの・熱いもの・甘いものなどが沁みるようになるので、美味しく食事などをする事が出来なくなってしまいます。
なお、放置しておくと虫歯でできた穴に膿が溜り、それにより口臭が出るようになったり、歯の色が変色して茶色になったり見た目も悪くなるので、人に会うことが嫌になってしまうかもしれません。
虫歯が痛いだけでも辛いのに、更に虫歯により歯原性菌血症という病気になる事もあります。
これは、傷口から細菌が血液の中に入ってしまい、全身に細菌が回ってしまう状態の事でこれ自体は珍しい事です。
ただ、人間には免疫力があるので、大抵の場合は細菌が血液の中に入ってとしても、免疫機能により排除されるので、必要以上に心配する事はないので安心してくださいね。


TOPへ